folks 1st album 「あたたかい」のこと

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

folks 

1st album

「あたたかい」

 

リリース:impulse records

リリース日:2019年2月8日(金)

価格:1,500円(税込)

フォーマット:CD

録音:森脇大佑(徳島スタジオトリゴロ)

   岡茂毅(岡山CRAZYMAMASTUDIO)

ミックス・マスタリング:

岡茂毅(岡山CRAZYMAMASTUDIO)

ジャケット写真:上本里恵

デザイン:安東賢治

 

トラックリスト:

 

1.「8年が過ぎた」

2.「mimasaka town oldfashion folkslore」

3.「summer 1/2」

4.「ふとふり返ると」

5.「surf from despair」

6.「terashin」

7.「タイム」

8.「今日はもう寝よう」

 

取扱店、レコ発ライブ、想い等は随時更新していきます。

 

" songs for all alone "

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

⚫︎取扱店・ディストロ

(2019.2.23時点)

 

DISK UNION 各店

BASE

LIKE A FOOL RECORD

stiffslack

FLAKE RECORDS

DIGDIG

Distro Cabbage Case

WATER SLIDE

Pajammin Distro

SP RECORDS

TOONICE

TIME BOMB RECORDS

HOLIDAY! RECORDS

my fever was precious distro

EGYPT RECORDS

FND ONLINE / VEGRECA

SANRINSHA

after works distro

Revolution For Her Smile通販

 

folks商店(直通販サイト)

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

⚫︎最高のリリースコメントを頂戴しております

 

「あたたかい」

バイト先の無料案内所でトナカイのコスプレをして過ごすクリスマス・イヴ。

今現在僕は、肉体的にも精神的にも"あたたかい"を求めている。

マライア・キャリーのお馴染みのクリスマスソングが流れる店内にて、folksに想いを馳せながら…。

ローカル岡山の更にローカル美作で産まれ、幼小中を共に過ごし(全員野球部。おそらく上手くない)、現在も地元に住みながら活動中。 

folksの音楽は、まるで写真のように日々を切り取っている。

メロディも歌詞も何処か自分の生活に思い当たる節があり、更には彼等の生活すら垣間見たような感覚になる。

土地柄と境遇が生み出したナチュラルなエモーショナルは、僕の中でfolksを特別なバンドにしている。

1stアルバムタイトル「あたたかい」。こんなにも抽象的でありながら、folksを上手く形容している言葉はないのではないか。

言葉って深いなぁ…。 などと思考を巡らすバイトの帰り道。コンビニ2軒ハシゴして買った売れ残りのクリスマスチキン美味かった。

あたたかいはいいよなぁ。 

 

はまいしんたろう(ロンリー、タニユウキ&アブラヤバンド、やっほー、ロードトリップ)

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

2003年頃、今思えばほんの僅かな期間、安東賢治という寡黙で繊細な男と僕はバンドをやっていた。

彼の叩く特徴的な手数のオカズや、懸命さの滲み出るプレイが好きだった。

「このバンドをやるより、絵を描いたりすることの方が好きなんです」 と言って、彼はバンドを去り、地元岡山へと帰って行った。

しばらくして、彼が地元でfolksというバンドを始めたことを知った。しかもリーダー的役割を担いながら、デザインも手がけているという。

高松のtoo niceでbedがライブをしたある日、店頭でどこか懐かしさを感じる日本語ギターロックが流れていた。

聴き慣れたリズムやサウンドが鳴っていた。

店主井川君に尋ねると、「岡山のfolksというバンドです。良くライブをしに来てくれるんですよ」と教えてくれた。

全てが繋がった気がした。

「あたたかい」というアルバムタイトルをメンバーの誰が決めたのか知らないが、このバンドを特徴的に捉えたとても良いタイトルだと思う。

ゆっくりと、着実に進めてきた歩み。前のめりに吐き出したくなるメロディー。収まりきらず溢れてしまうような、優しくも熱い思いが込められたサウンド。

15年前に安東賢治に感じた魅力は何も変わらず、彼の大切な場所、岡山・美作で鳴り続けている。 

 

山口将司(bed) 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

folks 1stアルバム発売おめでとう! 

DIRTY SATELLITESとは対バンもしてくれたよね!

私が、POWER ELEPHANT!というレコード・レーベルで展開していた日本語の良質のインディー・ロックの流れを継いでくれているようで嬉しいです。 

WEARE!やbedが種をまき、HELLO HAWKが出てきて、my exが出てきて、my exの友達のfolksが新たに岡山の地でそういった音を鳴らす。

そのサウンドはPROMISE RINGの1stのような危うさと瑞々しさをもっている。

純粋に音楽に向き合っているのが一聴して分かる。

このまま進め!また、対バンしましょう! 

 

YADA(DIRTY SATELLITES, BROILER, WEIGHT, LIVEAGE)

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

岡山美作式自転車で田畑の横駆け抜け系日本語エモ/オルタナ/インディーロックを完全に確立させましたね、本当に名作だと思います。

なにか右も左もわからない感じで店に来てくれてた、バンド開始ころから知っているfolksが井川君のimpulseからアルバムリリース、グっと込み上げてくる感あります。このアルバム聴いてたら色々と力を貰えました。本当にリリースおめでとうございます。

 

小野哲也(recordshop DIGDIG)

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

片田舎で擽ってる感じ、音から溢れ出す衝動とパンクロックやインディーロックへの敬意、聴いてすぐさま「分かってる音」だと耳に馴染んできます。

私のレーベルからもClimb The Mind、bed、Discharming man、CARDといったバンドをリリースしていますので、すぐさまに反応してしまう音です。内省的ジャパニーズパンクの新たな刺客の登場ですね!

 

新川拓哉(stiffslack)

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

⚫︎リリースに伴うライブ

 

2019年2月9日(土)※終了

 

folks " あたたかい " release party

@高松TOONICE

 

w / OFF-END / kinder walls / InterestingResults / cats in a bowl

 

------------------------------------

 

4月7日(日)※終了

 

STANDING BEAR vol.24

@福山 LIVE VENUE 5¢

 

w / slydingman , anticlock wise , Balium , ぶちゾンビーズ , Sour thought

 

open16:30 / start 17:00  adv/door ¥1,500(+1DRINK)

 

------------------------------------

 

4月27日(土)※終了

 

TOONICE presents "kill your soundfest”

@高松TOONICE

 

http://impulse-records.main.jp/toonice/?p=8802

 

------------------------------------

 

5月12日(日)※終了

 

folks " あたたかい " release party

@徳島bar txalaparta

 

w / Interesting Results , SANO-P , ポッポ , BACON WOODBASE

 

open 16:00 / start 16:30  adv:¥1,500 / door ¥2,000 (+1DRINK)

 

------------------------------------

 

5月18日(土)※終了

 

「種を蒔く人」vol.3

@鳥取strawberry fields

 

w / semi , turncoat , airbag

 

open 18:30/start 19:00  adv/door ¥1,000(+1DRINK¥500)

 

------------------------------------

 

6月8日(土)※終了

 

" トーキョー・ハルシオン・ダイジェスト "

@新宿NINE SPICES

 

w / HALFMUST , Eupholks  , forbear , Goodbye Gangsters , HELLO HAWK , hinotoris , しゃっく

food / ノザワBAKE , 六角橋オルタナティブキッチン

 

open 15:00/start 15:30  adv ¥2,200(+1DRINK)

 

------------------------------------

 

6月29日(土)※終了

 

folks presents " local rulebook ”

@岡山PEPPERLAND

 

w /  THE T.V. DINNERS , TURNCOAT , HALFMUST , REVOLUTION FOR HER SMILE

 

open 18:30 / start 19:00  adv:¥2,000 / door ¥2,500

 

------------------------------------

 

7月14日(日)※終了

 

somehow / endgame study presents

"Hooray For Humans Vol.1"

@松山 星空JETT(愛媛)

 

w / somehow , endgame study , SPACEGRINDER。, 巨根トライアングル , modak

 

open 17:30 / start 18:00  adv:¥1,500 / door ¥2,000(+1DRINK)

 

------------------------------------

 

8月3日(土)※終了

 

THE T.V. DINNERS presents " Dinner vol.1 "

@鶴舞 Bar Ripple(愛知)

 

w / THE T.V. DINNERS , Dirty Satellites , fish

 

open 19:00 / start 19:30   door ¥2,000(+1DRINK)

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

folks

 

岡山県を中心に活動するバンド。

全員旧美作町出身。

 

▼mail

folks979899@gmail.com

▼facebook

▼twitter